goTop

循環器内科

循環器とは、心臓・血管系システムの診療科心臓から血液が送り出されて身体を巡り心臓に戻ってくる一連の心臓・血管系システムです。循環器内科では、これら循環器の疾患(高血圧・狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈などの心臓の病気や、動脈瘤(りゅう)、動脈硬化など)を診療します。また、循環器疾患のリスクとなる生活習慣病(脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高尿酸血症(痛風)など)にも対応いたします。

このような症状の方は、循環器内科を受診ください。

血圧が高い
 
胸に締めつけられるような
違和感を覚える
歩行や運動時に胸が
苦しくなり、休むと軽くなる
息苦しくなる
(特に横になった時)
動悸がする
(鼓動が速くなる・鼓動を強く感じる)
脈が乱れる・飛ぶ
 
失神した(気を失った)
 
心電図や胸部X線検査で
異常を指摘された

循環器内科で扱う代表的な病気

高血圧

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。高血圧は放っておくと、その高い圧力によって血管壁にストレスがかかり、動脈硬化が生じて心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、または脳出血、脳梗塞の原因になったりします。

・高血圧の治療について
高血圧は、適度な運動や減塩で押さえられるケースもあるため、生活習慣の改善を中心に行い、必要に応じ薬を使いながら血圧を抑えます。薬を処方された場合でも、改善されれば、減らしたり、やめることができることもあります。
まずは、医師の指示通り治療に専念することが大切です。

不整脈

心臓は1日に約10万回拍動しているため、時には不規則な動きをすることもあり、誰にでも起こりえます。不整脈は常に自覚症状があるわけではなく、自覚がない場合も少なくありません。加齢や体質的なもの、ストレスや睡眠不足、疲労、甲状腺異常や肺に病気がある人も不整脈が起こりやすいと言われています。

不整脈のほとんどは心配の無い一時的なものですが、冠動脈疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患など心臓に起因する疾患の場合があります。このような不整脈の場合は専門医による適切な診断と治療が必要です。

・不整脈の症状
早い脈(頻脈) 頻脈になると、ドキドキとする動悸が感じられるようになります。
さらに脈が速まっていくと、心臓が全身に血液を送り出せない状態となってしまい、吐き気や冷や汗、意識消失等の症状が出てきます。
遅い脈(徐脈) 徐脈になると、フラッとしたり、めまいがしたり、意識が無くなって卒倒したりします。徐脈状態が長い間続くと、動作時に息切れをするようになります。
飛ぶ/抜ける脈(期外収縮) 期外収縮になっても自覚症状を感じない場合が多いのですが、症状を感じる時は、脈が飛んだり、胸の周辺部分に不快感を覚えたり、胸が痛くなったりします。これらの痛みは比較的狭い範囲で起こり、あまり持続しない(数十秒以内)ことが多いです。

不整脈の可能性を疑われた場合には、まずはご相談ください。

狭心症

狭心症は、心臓の冠動脈(心臓の上に冠のように乗っており、心筋に酸素と栄養を供給している動脈)の血流が不足することによって心筋が酸素不足に陥る疾患です。主に動脈硬化により冠動脈の血管が狭くなることで起こり、心臓への血液の流れが一時的に滞るために発症します。狭心症を放置すると、やがて冠動脈が閉塞して心筋梗塞となり、命にもかかわる危険な状態な状態になることもありますので、診断されたときにはしっかりと治療しておくことが肝心です。

・狭心症の症状
急ぎ足で歩いたり、階段や坂道を登ったりした時など、体を動かしたときに起こり、胸の中央部辺りが締めつけられる、あるいは何かを押しつけられるような圧迫感が感じられる症状の場合、「労作性狭心症」と言い、少し休むと治まってしまうのが特徴です。痛みはしばしば左肩・腕や顎まで広がり、みずおちに胃の痛みのようなものが感じられたり、息切れとして自覚されたりすることもあります。持続時間は、数十秒から数分程度です。同じような症状が労作と関係無く出る場合、特に睡眠中や明け方に出る場合もあります。これは「冠攣縮(かんれんしゅく)」、つまり冠動脈が痙攣したように収縮してしまい、動脈硬化で細くなった時と同様の狭窄が一時的に作り出されるために起きる狭心症です。

・狭心症の検査
狭心症の主な検査には、心電図、運動負荷試験(トレッドミル・エルゴメータなど)、RI(ラジオアイソトープ)負荷検査、ホルター心電図、冠動脈造影などの方法があります。

・狭心症の治療
狭心症の原因は多くの場合、動脈硬化です。
動脈硬化は、いったん起こると元通りにすることは難しいため、治療に際しては、「動脈硬化が進まないように努力する」ことが大切です。そのため、動脈硬化の原因となる高血圧・脂質異常症・糖尿病などの疾患がみられる場合はこれらを治療すること、また禁煙、適正体重の維持、適度な運動などを心がけ、危険因子を可能な限り減らし、薬物療法などを行うことが大切です。

心筋梗塞

冠動脈が詰まり血流が途絶えると、心臓の筋肉に酸素と栄養が供給されなくなるため、その領域の心臓の筋肉が壊死します。
これが心筋梗塞です。一般的に心筋梗塞は、激しい胸の痛み、重い感じ、呼吸困難、冷汗、嘔吐などの症状を伴いますが、高齢者や糖尿病患者では胸痛を感じにくいこともあり、なんとなく元気が無い、吐き気するなどの症状に限られる場合がありますので、注意が必要です。

・心筋梗塞の検査
心筋梗塞は発症時の症状(持続する胸痛など)、心電図検査、血液検査、心臓超音波検査(エコー)などで診断されます。
心筋梗塞が疑われた場合は、心臓カテーテル検査によって閉塞または狭窄した冠動脈が観察でき、確定診断がつけられます。

・心筋梗塞の治療
心筋梗塞の治療では、閉塞した冠動脈の血流を早く再開通させることが最も重要です。その方法としては、閉塞した冠動脈の血栓を溶かしたり(血栓溶解療法)、詰まった血管を風船で拡張(冠動脈形成術)したり、ステントを移植したり、血栓(血のかたまり)を吸引したりする方法などがあります。いずれにしましても、いかに早く血流を再開通させるかが、その後の経過を左右します。

心不全

不全とは、心臓(心筋)の収縮、弛緩機能が低下し、全身の組織に十分な血液を送り出せなくなった状態です。原因によっては突然症状が出ることもありますが、多くはゆっくりと現れてきます。

心不全の症状には、血液を送り出す能力低下による症状があります。主に、疲れやすい、だるい、動悸がするなどで、うっ血による症状が出ることもあります。肺にうっ血が生じると息切れや息苦しさが起こり、体の各部分にうっ血が生じると、むくみが出ます。また、肝臓や胃腸にうっ血が起こって腫れてくると、おなかが張ったり、吐き気を起こしたり、食欲が落ちたりします。こうした症状の出方は、心不全の重症度によって異なります。

初期の心不全では、平地を歩く時には平気でも、階段を上ったり、重いものを持ったりすると、息切れが起こりますので、不安に感じられる場合は、この時点で一度、ご相談いただければと思います。

・心不全の誘因
心不全の原因はさまざまで、ほとんどすべての心臓病が、最終的には心不全をきたします。
また心不全には、原因とは別に「誘因」があります。誘因とは、心臓のポンプ機能の低下はありながらも安定していた状態を、急に悪化させる「きっかけ」のことです。最も多いのは、気管支炎や肺炎などの呼吸器感染症です。塩分や水分の摂取過多、過労、狭心症、不整脈などが引き金となり、心不全が悪化することがありますので、心臓の働きが低下している人は、誘因を避けるように注意する必要があります。

・心不全の検査
心不全の診断は、症状、身体所見と胸部X 線撮影、血液検査、心電図、心エコーなどの基本的な検査によりつけられます。
原因と重症度を知る上で、心エコーは特に重要な検査です。心不全の原因を明らかにするには、さらに運動負荷試験、心臓カテーテル検査、冠動脈造影検査などの検査が必要となることもあります。

・心不全の治療
症状が安定しているかどうかによって、心不全は大きく二種類に分類されます。
安定した状態から急激に悪化する場合を「急性心不全・慢性心不全の急性増悪」、それなりに状態が安定している場合を「慢性心不全」と言います。

急性心不全の場合は、今まさに起こっている症状をなんとかしなくてはなりません。
一般に急性心不全の場合は、入院を必要とすることが多く、安静が必要で、酸素吸入を行ったり、一時的に心臓の働きを高める薬を用いたりします。

慢性心不全の場合は、基本的に生命予後(病気の経過において、生命が維持できるかどうかについての見通し)、生活の質(QOL)を改善させることが治療の目的になります。慢性心不全では、体内の余計な水分を取り除く「利尿剤」、心臓の働きを助ける「ジギタリス剤」、心臓にかかる負担を軽くする「血管拡張剤」、長期的には心臓に障害を与えやすい神経やホルモンの作用を抑制する「ベータ遮断剤、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬」などを組み合わせて治療します。

弁膜症

心臓にある“弁”に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を「弁膜症」と言います。弁の開きが悪くなって血液の流れが妨げられる「狭窄」と、弁の閉じ方が不完全なために血液が逆流してしまう「閉鎖不全」があります。

弁膜症の原因には、先天性と後天性(リウマチ熱、動脈硬化、心筋梗塞、変性など)があり、原因を特定できないものも少なくありません。かつては、リウマチ熱の後遺症として弁膜症になることが多かったのですが、現在は抗生物質の普及によりリウマチ熱自体が減り、リウマチ熱を原因とする弁膜症は減少しました。

・弁膜症の症状
動悸や息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難などの症状が現れます。
初期の弁膜症は弁の病気ですが、進行すると心筋(心臓を動かしている筋肉)にも障害が起こり、心臓全体の病気になります。
この状態になると、いくら弁を取り換えても心筋の障害は回復せず、心臓は元通りに働くことができなくなります。また、症状はじわじわと進行していくので体のほうが慣れてしまい、自覚症状が見られないケースもあります。弁膜症は自然に治ることがありませんので、心筋の障害が進行する前に治療(手術)することが大切です。

・弁膜症の治療法

弁膜症は、自然治癒することはありません。患者さんの状態によって、内科的治療か外科的治療を選択して治療します。

内科的治療 心筋の収縮力を増強させる強心剤、血液の量を減らして心臓の負担を軽くする利尿剤、血液の流れを良くする血管拡張剤などを投与することによって、症状を緩和したり、進行を抑制させたりします。ただし、悪くなった弁機能が投薬によって治癒することはありません。
外科的治療 弁の悪い部分を修復する弁形成術と、弁そのものを人工弁に取り替える弁置換術があります。どちらの治療法が適しているかは、ケースによって異なりますが、適切な外科的治療を行えば、弁機能そのものの不具合は解消されます。
経カテーテル
大動脈弁治療
(TAVI)
TAVIは、重症の大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法で、開胸することなく、また心臓も止めることなく、カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に留置する治療法です。

不整脈の可能性を疑われた場合には、まずはご相談ください。

医院概要

住所 〒923-0825
石川県小松市西軽海町1丁目47番地
電話番号 0761-47-0222
診療科目 一般内科、循環器内科、放射線科、小児科
アクセス 小松バス「小松駅」バス停より、
麦口・ハニベ・尾小屋線「西軽海町」
バス停下車 徒歩5分
駐車場 あり(15台)
診療時間 日祝
08:30~12:30
(受付12:00)
16:00~18:00
※毎週、水曜日、土曜日の午後、日曜日、祝日は休診日です。
むかいでファミリークリニック
患者の気持ち
グループホームさとやま

循環器内科|診療案内|むかいでファミリークリニック|小松市西軽海町